ハイパーサーミアは、特殊な装置を使って体の気になる部分に高周波を当てて、その部分の体温を3~5度、部位によっては7度上昇させるという療法です。

 
お風呂やカイロなどで体を温める場合には、体の表面は温まります。しかし、体の内部の体温は一定しているため、いくら長風呂をしたとしても、内部まで温めることはできません。ところが、ハイパーサーミアでは、体の表面からではなく、体の内部から温めることができます。それは高周波によって、体の中で電気抵抗が大きいところで、ジュール熱というものが発生するからです。特に脂肪組織は電気抵抗が大きいため、発熱量が多いです。

 
体の内部を温めることによって、血流やリンパ管の流れがよくなり、老廃物の排泄が進み、基礎代謝を高まり、細胞組織が活性化して脂肪燃焼が進みます。また、脂肪細胞中で脂肪代謝を活性化して脂肪組織の容積を減らし、内臓脂肪やセルライトを改善します。熱によって脂肪が収縮することで、肌が引き締まるため、しわ・たるみにも効果がみられます。

 
さらに活性酸素を抑えることで、アンチエイジングにも好影響を与え、体が内部から温まることで、冷え性、肩こり、自律神経のバランス調整も改善することが期待できます。